ビクターEフランクル
強制収容所での生活を送った私たちには、忘れられない仲間がいる
誰もが飢えと重労働に苦しむ中で、みんなにやさしい言葉をかけて歩き、ただでさえ少ないパンの一切れを体の弱った仲間に分け与えていた人たちだ。
そうした人たちは、ほんの少数だったにせよ、人間として最後まで持ちうる自由が何であるかを十分私たちに示してくれたのだ
あらゆるものを奪われた人間に残されたたった一つのもの、それは与えられた運命に対して自分の態度を選ぶ自由、自分のあり方を決める自由である
c0042318_641363.jpg

[PR]
by hero8732 | 2005-11-27 06:41 | ヒロシです・・人生の格言とです


<< フランソワ ド ラ ロシュフーコー サミュエルジョンソン >>